トイレタリー用品製造L社 配送部門

製函・梱包作業の高速化を阻む、
手作業と自動化機器設置スペースの問題…
現場を知り尽くした、金属のプロ集団が提案した自動化ソリューションの全容とは?

トイレタリー用品のオーダーが急増しているL社。多品種生産に対応でき、より速いスピードでの生産が可能となる新ラインを増設することになった。増設にあたって既存ラインにおける各作業時間の問題点を洗い出すことにした。

課題

高速化したいが、手作業がメインのためこれ以上のスピードアップは難しい…

調査の結果、梱包・搬出工程の作業時間にいくつか課題があることが分かりました。
その時の状況を、配送部門で調査にあたったH氏は次のように振り返ります。
「製函・梱包工程は、作業員による手作業がメインとなるため、高速化は本当に難しい課題でした。特に、製品を投入する工程は、関わる作業者の人数や経験年数によっても所要時間が異なることから、工数が安定せず高速化を阻害していました」

この状況をなんとか打破しようと、H氏たちは高速化に向け梱包工程の自動化を検討します。しかし、新設ラインの梱包作業エリアは既存ラインと比べてスペースが限られていたため、候補に挙げた自動化機器ではサイズ的に収めるのが難しい可能性がありました。そのうえ、新設するラインは段取り替えにも柔軟に対応する必要があることから、機器の移動や待機用の空きスペースが求められていました。

梱包作業の高速化と自動化を実現するために、H氏たちはさらに情報収集を進めました。しかし、具体的な対策を見つけ出すことができず、時間ばかりが過ぎていきました。

課題のポイント

  • 製函・梱包工程は手作業がメインで作業員人数や経験年数で所要時間が異なるため、高速化が難しい

  • 自動化を検討するも設置スペースに限りがあり、段取り替えに対応できない

12